上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日あまりにも暑かったので、
エアコンをつけようと思ったら。。。



リモコンの電池が切れていた 罠。。。
スポンサーサイト

甘いときめき

乾いた土に 水を下さい
枯れぬよう あなたの 優しい愛を

迷った時は 導くように
微笑みを 下さい 夜も照らすような

距離も時間も 越えられるものがある
そう信じてただ あなたに 焦がれているから

全てを許し合える 訳じゃないけれど
あなたには全てを 託していたい
切なさも苦しみも 愛しているのなら
甘いときめきになる 涙でさえも


瞬く夜は 空を見上げて
月明かり 浴びて 願いをかけていて

二人は屹度 同じ想い抱いて
別の場所でさえ 一人で 生きてゆけるから

全てが満たし合える 訳じゃないけれど
あなたには全てを 与えられてる
痛みでも辛さでも 愛しているのなら
甘いときめきになる 報われるから


―全てを感じ合える 訳じゃないけれど
 あなたの 全てを 感じていたい―

全てを許し合える 訳じゃないけれど
あなたには全てを 託していたい
切なさも苦しみも 愛しているのなら
甘いときめきになる 涙でさえも
相互リンクさせていただいている
ばかちーんさんが、
音楽ファイルをうpしているのを見たから。

画像ファイルのうpは出来ても、
音楽ファイルのうpはなかなか出来るところがないし。。。
(yorozooってところもあるんだけど、
 作品ってよりも、断片の記録もうpしたかったので。。。)

終焉の5分前

言葉が紡ぐ 哀しみは
屹度 何時か 癒される
そう信じてみても

離れた指が 理解ってる
二人 元に 戻れない
壊された絆は

  煌いた時間が優しかった分
  一人の時間が辛くて
  溢れ出す哀しみ掬いきれなくて
  流れ出す涙拭えず


訊ねるように 寄り添った
背中 時間 心さえ
今はもう・・・


  終焉の始まるせめて5分前
  瞬間を永遠(とわ)に留めて
  幸せに凍えた二人のままで
  過ごせたらいいと縋る


最後の恋は 何時の日か
思い出せぬ それほどに
時が過ぎ流れて

  今もなお心はあなたに捉われ
  繋がれたように動けず
  溢れ出す想いに楔を打てずに
  歩み出す機会失くして

  終焉の始まるせめて5分前
  瞬間を永遠(とわ)に留めて
  幸せに凍えた二人のままで
  過ごせたらいいと縋る
繋いだ指先に落ちる 凍て付いた雫にさえ
今はもう愛しさだとか 哀しさだとか
想えず息を潜める

  『私を裁いて下さい』 無言の横顔に
  心を感じて 辛くて 優しくなってしまう

    最後は男らしく 強い自分でありたいけど
    思い返す時が 輝きすぎて 眩しすぎて出来ない
    さよならが言えなくて こんなにも君を苦しめる
    答えは出てるのに 認められず
    見詰められずにいるよ


裏切りの言葉を先に 投げたのは君のほうさ
分かってて責めあぐねてる 未練残して
哀しみだけが溢れる


時の流れだけは何時も 恨むほど平等だね
今だけは過ぎないでいて そう願うのに
引き裂く様な鐘の音

  二度とは逢えない別れを 切り出せないでいる
  急かした背中が 切なく 目を逸らせないでいる

    本当に短かった 二人ただ幸せな時に
    留まっていたくて 委ねたくて 『これから』に進めない
    さよならの一言が こんなにも僕を苦しめる
    言ってしまえばいい でも言えない 永遠の別れなんて


    さよならが言えなくて こんなにも君を苦しめる
    答えは出てるのに 認められず 見詰められずにいるよ
    さよならの一言が こんなにも僕を苦しめる
    言ってしまえばいい でも言えない 永遠の別れなんて
風が水面を撫でて 心に吹き込む
何時か あなたと見た 時間を包んで

今は時を止めた あの日が浮かんで
そっと 寄り添う様に 今でも捉える

  哀しみを抱(いだ)くには まだ少し 弱くて
  今はただ 思い出に 縋るように 見詰める

何もない 別れでも 思い出す事が
思い出に なっていく 生きているから・・・


屹度何時か知るさ 体で感じて
そこに 確かにある 見得ざる永劫

  歓びを作るには まだ少し 早くて
  今もなお 留まって 歩めずに 佇む

あなたしか 見えないで 幻影を求め
あの場所で 繰り返す 意味もないまま


  哀しみを抱(いだ)くには まだ少し 弱くて
  今はただ 思い出に 縋るように 見詰める

何もない 別れでも 思い出す事が
思い出に なっていく 生きているから・・・


今はただ 佇んで 思い出す事しか
出来なくて 溢れ出す 涙拭えず・・・

今はただ 佇んで 思い出す事だけ
哀しみを 抱(いだ)くまで 時よ、・・・
取り敢えず、サビの部分



さよならの向こうには サビ2
横浜の中華街にまた行きたいなぁ。
神戸の中華街にも、行ってみたい。

要は、中華街が、大好きなんです。

あ、長崎にも中華街あるのか・・・

去年は横浜の中華街に2回行きました。
また今年も行きたいなぁ・・・。
何度過ごしてみても 慣れない苦さに
不意に肩を竦め 煙草に火を点け

夜の風も今は 優しく包んで
この手すり抜けた 面影映して

  砕けた心さえも 何時か 屹度
  甘い思い出になると 知っているから

あの愛の抜け殻は 置き去りに しよう
あの愛の抜け殻は 置き去りに しよう


見下ろした街の 灯りが瞬く
そうさ 囁いた 言葉が真実

  重ねた肌に残る 指の 痕が
  ずっと苛(さいな)めるように 熱さを呼んで・・・

あの愛の抜け殻に 別れを 告げよう
あの愛の抜け殻に 別れを 告げよう


  もう二度とないだろう 何時も 思う
  そしてまた繰り返す 生きているから

哀しみの向こうには 明日が あるから
さよならの向こうには あなたが いるから

あの愛の抜け殻は 置き去りに しよう
結べない絆でも あなたが いるから

あぅ。。。

いろいろいじってたら、
こんな時間になっちゃいました
illli_| ̄|○illli

早く寝ろ、自分。。。
(といいつつ、TVも見てたり・・・)

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。